研修イベント報告

スリランカ紅茶研修旅行8日間

2010年8月16日~8月23日

写真01

伊丹空港にam7時30分に集合しスリランカに向け出発!
ラクシュミーで販売している紅茶を現地で飲む&レッスンでお話している茶園に、
本当に行くことが出来る喜びでいっぱいの出発でした。

写真02

写真03

紅茶ガイドさんに同行していただいたのが正解で、より詳しく茶摘~製造工程も学べました。
楽しかったのは、ハバラナで象に乗ってお散歩したこと!小ジャングルのような所を20分ほど楽しみました。

写真04

写真05

写真06

途中 ダンブッラのカンダラマ湖畔のホテルにチェックインし、天女のフレスコ画で有名なシギリヤロック(世界遺産)へ。
シギリヤボーイズといわれるイケメン?たちの誘いを断り、1200段の階段を登り、岩山の頂上まで行きました。
アーユルベーダを体験したり、重いココナッツを抱えてジュースを飲んだりと充実した毎日。

写真07

スパイス・ハーブガーデンを見学してお買い物。そして紅茶博物館見学。
ここでは英国時代の製茶機械やセイロン紅茶の父、
ジェイステイラーの遺産展示を見学。すごく勉強になり感動。
ホテルに一度チェックインし、待望のスリランカ最大のお祭り「ペラヘラ祭り」へ。

写真08

写真09

特別観覧席を予約してくれていたのでしっかり観賞・・・のはずが、疲れがピークに達し、舟をこぎながらの観賞に。
ダンス、楽隊、象さんの行進は素晴らしかったですよ!

写真10

写真11

写真12

参拝客と象さんがたくさんいるスリランカの宝「仏歯」を祀る仏歯寺見学。
その後、サリー屋さんにて長時間のお買い物へ突入~。
現地で見る、着る サリーはとても素敵で、欲しい!!!って衝動に勝てず・・2枚購入なり。
フルコースディナーで着たのですが、上手く着れず・・・。
ホテルに宿泊されているインド人の方に着せていただいたのでした。

写真13

写真14

写真15

セイロン島中央部に位置する避暑地ヌワラエリヤへ行って来ました。
スリランカで一番の高地で作られる新鮮な紅茶を味わい、オーナーさんと打ち合わせ、テイスティングもたっぷり楽しみました。
車窓からたくさんの茶畑を見て、「なんだかほっとするね~」なんて話ながらお土産の茶葉も買いました。

写真16

写真17

写真18

みんな揃ってスリランカでテイスティングなんて、夢のよう♪
茶摘をしていた方の邪魔になりながらも写真撮影成功。
皆さん本当に親切でお世話になりました。
早朝から頑張って、美味しい紅茶になる茶葉を摘んでくれているんですね。

写真19

写真20

写真21

標高が高いのでさすがに涼しく、8月とは思えない肌寒さで、夜はかなり冷え込みました。
英国植民地時代のメンバーズクラブだった「ヒル・クラブ」にてアフタヌーンティー。
ここで味わった紅茶は、ディンブラのサマーセット茶園の茶葉でしたが、とても美味しく香り高かったです!
夕食はサリーでおしゃれ(?)をして、スペシャルディナーを堪能しました。
音楽隊の生演奏にテンションは高く(笑)おしゃべりは白熱し、本当においしく楽しい至福の時間が過ごせました。
ヌワラエリヤ ザ グランド泊 標高約2000m

写真22

写真23

写真24

スリランカでのお食事がこんなに美味しいとは、ちょっとした発見でした。
お野菜と新鮮な果物、果物の女王といわれているマンゴスチンもいただきました。
カレーもいろんな種類があり、辛いのばかりではなかったので私も食べる事ができました。
紅茶も美味しくて、「さすが紅茶の国スリランカ」は魅力がいっぱいです!

写真26

クオリティーシーズンのウヴァの茶園めぐり。
最初はアイスレビー茶園へ。もちろん紅茶工場も見学。
最後にテイスティングルームにてテイスティング。
次に目指したのは、ウウ゛ァハイランド茶園。ここでも紅茶工場にてテイスティング。
極上の紅茶が完成するまでの細かい工程も勉強し、とても充実した気分!

写真25

写真27

写真28

写真29

写真30

スリランカの南 ルフナにあるニュービタナカンダ茶園でもテイスティングしました。
おなか茶プ茶プの1日~ でも大満足です!
優しい茶園のみなさんと一緒に記念撮影。
ルフナの香りは甘くて優雅。このままここに住みたいなぁ~~なんて言葉もちらほら聞かれるほど。

写真31

写真32

写真33

スリランカ式 ベッドティーでお目覚め~を体験!
ホテルのボーイさんが、朝早くベッドティーを運んで来てくれます。
ベッドで飲むお茶=ベッドティーです。
今回の旅行で一番印象深いのは、コロンボ近郊の老舗リゾートホテル「マウント・ラヴィニア」
次回はここにステイしたい!ほんとに素敵なホテルでした。
夕食は、アラビア海を望む砂浜にてディナー シーフードコースをいただきました。

写真34

写真35

写真36

宝石採掘現場も見学しました。
写真がないので残念ですが、田んぼの中に小屋がある感じ(すみません)
スリランカは宝石の宝庫なのです。ダイヤモンド以外は採れるんですよ。
大自然と新鮮な茶葉と宝石~今回の旅は、朝から晩まで時間をフルに使い、お買い物では、かなり燃えました!
特に宝石は、日本で買うのと値段が違う!!!・・・買っちゃえ~って天からお告げあり。

写真38

スリランカの本屋さんに立ち寄り、紅茶本を購入。
ノリタケでは食器を大人買いしてしまいました。
わたしのお誕生日会もしていただいて、本当に幸せな時間を皆さんと共有することが出来ました。
お店の名前になっている「ラクシュミー」が祀られている印象深い寺院にも行き、
大好きな蓮の花も、いたるところで咲いていて、スリランカの魅力はつきません。

写真37

写真39

写真40

写真41

カワイイスリランカの文字は忘れられません。
まるまる絵文字みたいです。
象さんにお別れをして、蓮の花も見納めて、後ろ髪を引かれながらの帰国でした。

スリランカはとても穏な国です。
親日的で素敵な笑顔で出迎えてくれます。
毎年でも行きたいほど魅せられました。
なんだか昔の日本を髣髴させるような懐かしさがあり、ほっとするんです。

さて。。。2012年の旅はダージリンです!

またまた茶園めぐり、アフタヌーンティーパーティーの日々を過ごします。
皆さん、良ければ参加してくださいね。

紅茶教室について
、お問い合わせはこちら

Lakshimi携帯サイト

Ronnefeldtとは

その他のコンテンツ