研修イベント報告

ドイツ

紅茶のことがもっと知りたい! 英国の紅茶を飲んでみたい!
紅茶を通してできた輪が広がって、みんなで研修旅行に行きました。

写真04

写真04

写真05

今回はイギリス研修旅行として、私を含め紅茶が好きな仲間11名で旅立ちました。
わくわく、どきどき、あこがれのロンドンへ到着。日本人のガイドさんに迎えられ、専用バスでコッツウォルズへ。

まずは、浩宮様が在学中によく通われたという「The Bar」でビールと軽い夕食。
コッツウォルズは何度来てもすばらしい!!ハチミツ色の家とかわいいお花に囲まれて、あ~~永住したい!

写真04

写真04

写真05

敷地が6000坪の大邸宅にお呼ばれしました。
広いの何の。お庭でお馬様が走っていらっしゃいましたよ!
かわいいワンちゃんも3匹。名前はマンゴー、スコッチ、チューリップちゃん。

英国式アフタヌーンを堪能した後は、地元のスーパーマーケット「ウェイトローズ」にてショッピング。
こういうところも楽しいのです。

この日は、ボートンオンザウォーター、バイブリー村も散策。
昼食は、あの有名な「フィッシュ&チップス」をいただきました。今回は恵まれていた様でおいしかったです。

写真04

写真04

写真05

ウェッジウッドビジターセンターへ到着。
ティーカップの製造過程の見学と、工場直売店でのショッピング!
みんな待ってました!!とばかりにショッピング。
併設の「Ivy House」でランチ。ここで出てきた食器は全てウェッジウッドのものでとても素敵でした。

このあと スポード、ロイヤルドルトンのアウトレットなどをめぐり、山のようにお買い物してしまったのは言うまでもありません。
でも、これもお勉強です。洋食器の歴史はレッスンでお話ししているので、あとは本物に触れるのが大切!
やり遂げた~という充実した気持ちで帰宅。
泊まったのは、アンティークなマナーハウス「ホテル・デ・ラ・ベーレ」 ここも広くてグリーンがいっぱいでした。
朝は小鳥の鳴き声で目覚め、お庭にはウサギやリスがやってきて、夢のような世界でした。

写真04

写真04

写真05

ラベンダー畑(Snows Hill )で写真撮影。
ブロードウェイ、チッピングカムデンを散策。
ストラッドフォードではシェイクスピアの生家を見学。
アンティークショップめぐりも充実しました!
もちろんティーカップ&ソーサーやポット、ポルトガルの珍しいお菓子箱も購入しました。

3時の紅茶は、もちろんクリームティー。 六角形のスコーンとたっぷりのクロテッドクリームに大満足(^o^)/
夕食はマナーハウス「Billesley Manor」でフルコースをいただきました。みんなドレスアップして別人のようにしとやかに!
食後はお庭散策をして、恒例の撮影会。そしてそのままマナーハウスに宿泊。

写真04

写真04

写真05

ロンドンではまずお土産を探して、日本未入荷の紅茶をチェック。
なぜか中華をコースで堪能したあと、「ブラマー博物館( The Bramah Museum of Tea & Coffee)」館長のブラマー氏によるティーセミナーをみんな揃って受講。 私は今回2回目でしたが、ブラマーさんのお元気で全然お年を感じさせない姿に驚きました。
やはり紅茶が若さの秘訣?

しっかりお勉強してディプロマを取得。ブラマーさんと記念撮影。
アフタヌーンティーの紅茶やケーキもたっぷりいただきました。
本にもサインしていただいて、とても優しいブラマー先生でした。
この日の宿泊は「Riverbank Park  Plaza」ホテル。 名物のローストビーフと~ってもおいしかったです。
食べてばかりで、まるで養豚場?のようと言う意見も・・・。

写真04

写真04

写真05

ロンドン観光やティーブレンドセミナーのあと「Savoy」ホテルへ。
やっぱり素敵!!!ふかふかのソファーで3段トレイ(サンドウィッチ・スコーン・ケーキなど)をいただくなんて(^_-)-☆

たっぷり用意された紅茶とスイーツ♪
少し食べるとすかさず、ボーイさんが補充してくれます。まるでわんこそば?でもうれしい贅沢です!
どんなに食べても追いつきません。周りを見渡すと皆さんお上品にお食べあそばしている。私たちも、いかにも慣れているように振舞いながら、出来る限りお上品にいただきました。
雰囲気が優雅でずっといたい感じです。アーー帰りたくない!心から思った瞬間でした。

トワイニングにも行きましたが、ここも日本とは雰囲気が違います。レトロな感じがおしゃれです。

イギリスを離れたくない気持ちでいっぱいでしたが、今回の旅行もあっという間に終わりました。
また行きたいね!来年はいつ行く?なんて口々に言いながら飛行機に乗る私たちでした。
何よりも、みんなが元気で仲良く旅行できたことを、とてもうれしく思いました。

きっと来年もいい旅行が出来ますように!また旅行記3を書いてみたいと思います。

ドイツを代表する紅茶「ロンネフェルト」を本場でゆっくり味わいたかったので、「TEE HANDELSKONTOR」でTea Time。
実は注文したのではないのですが、お店の方がとても親切で色々飲ませてくださいました。
ありがとうございます!

紅茶教室について
、お問い合わせはこちら

Lakshimi携帯サイト

Ronnefeldtとは

その他のコンテンツ