研修イベント報告

ドイツ

ドイツはダージリンやアッサムを世界一落札している国です。
一般的にはあまり知られていませんが、紅茶を勉強している者としてはドイツへ行って、最新紅茶事情を勉強したいと思いドイツへ旅立ちました。

2008年6月10日

関空からLH741便で空路ドイツ・ブレーメンへ。
この日は夜に到着したので、みんな興奮気味ではあったものの明日に備えて早めに就寝。
ブレーメン泊

2008年6月11日

写真01

ブレーメンはとっても良いお天気。
立派な市庁舎や聖ペトリ教会を見ながら、童話「ブレーメンの音楽隊」で有名なロバや犬の音楽隊の像の前で記念撮影。

ロバの足に触ると幸せになると言われているので、みんなでいっぱい触りました!

写真02

写真03

旧市街シュノーア地区にはかわいらしい建物がたくさんありました。
ベットヒャーとおりの仕掛け時計の音を奏でるマイセン製の磁器で出来た鐘 グロッケンシュピールはうっとりする音色です。

写真04

写真05

ドイツを代表する紅茶「ロンネフェルト」を本場でゆっくり味わいたかったので、「TEE HANDELSKONTOR」でTea Time。
実は注文したのではないのですが、お店の方がとても親切で色々飲ませてくださいました。
ありがとうございます!

写真06

写真07

ドイツ名物フランクフルトソーセージはこんなに長~~い!パンからはみ出しています。
ブレーメン料理はドイツで超人気の「RATSKELLER(ラーツケラー)」で食べました。
ジャガイモが美味しくて、ビールがおいしい!!色んなビールが揃っていてさすがドイツ!

写真08

写真09

2008年6月12日

グリム童話のもうひとつの舞台「ネズミ捕り笛吹き男」のハーメルンへと向かいました。
ネズミに導かれてハーメルンの町へ。}
“ハーメルンの笛吹き男”の伝説で子供たちが町を出て行くときに通った道とされ、ここで踊りや音楽を奏でることは禁止されている「舞楽禁止通り」の看板。

写真10

写真11

写真12

写真13

写真14

写真15

“いばら姫”の舞台となったことで有名な古城ザバブルグ城にも行きました。
所々に“眠り姫”のお話の場面を表した絵があり、お城に咲いていたお花がとてもきれいでした。
散策後は~ティータイム~

写真16

写真17

写真18

2008年6月13日

ドイツの首都フランクフルトへ。
今回の旅行でみんなが1番楽しみにしていた『ロンネフェルト訪問&研修』
ロンネフェルト本社が、日本人をこんな形で受け入れてくださったのは初めて!日本人初です!!
会社の入り口に、日本の国旗が立っていたのにびっくり!!
ウェルカムティーは「Darjeeling Primenur」。

写真19

写真20

写真21

社内TOURの途中で昔のお茶箱も発見。
ロンネフェルトムービー(あったんですよ!紅茶や会社の歴史について分かり易くまとめられいました)を鑑賞後、テイスティング会が始まりました。

写真22

写真23

写真24

所狭しと並べられたたくさんの紅茶とお茶。
でも一番感動したのはお茶でも紅茶でもなく。。。。
ロンネフェルト氏が登場してくださったことです。
まさかこんな偉い方に直接お会いできると思っていなかったので、みんな挙動不審で奇声(?)を発することしばし。
もちろん私も!感激の一枚。

写真25

写真26

しかもお土産までいただきました。
ロンネフェルト氏から手渡しでいただいた紅茶とブランド名が刻まれたティーキャディースプーンのセット。当日の日付入りです。 生きてて良かったわぁ~。

2008年6月14日

空路 エルベ川のほとりの美しい街ドレスデンへ。
着後ドレスデン市内観光。

写真27

写真28

写真29

写真30

写真31

写真32

2008年6月15日

写真33

写真34

写真35

ドレスデンから専用車でマイセンへ
この日はみんな早朝からゆ~っくり朝食。
実はドイツに来てから毎日みんな早起きしてました。
なぜ??って朝食が美味しいんです!!
焼きたてパンがいっぱい並んでいるし、紅茶はロンネフェルトが自由にいただける~!
特にブレーメンのヒルトンホテルが最高でした。

写真36

写真37

マイセンに行って極上の磁器を見て、何かお買い物したい!という思いで出発。
マイセン焼磁器工房見学とショッピングを楽しみました。
でも高級品ばかり(当たり前!)
B級品というコーナーがあり、そこはかなりお買い得コーナーで、私たちからみるとどこがおかしいのか分かりません。ただ、日本人はそのコーナーがお気に入りのようで、あっという間に商品がなくなるのでした。
とっても楽しみにしていたマイセンランチ♪
マイセン博物館内のレストランで昼食。
フルコースランチ&食後の紅茶とカプチーノ。もちろん食器はすべてマイセンのもの。すごすぎます!

写真38

写真39

写真40

食後はフリータイム。
かつては「百塔の都」とうたわれたドレスデンを散策。
ドイツ料理も美味しかったけれど、大好きなイタリアンが食べたくなって、夜は「Italienisches Dorfchen」という建物も豪華で美しいレストランへ。
そこからの眺めは最高でした。ドレスデンの夜景を見つめながら、8名のガールズトークは炸裂しっぱなし!あまりムードはなかったかも(笑)

写真41

写真42

写真43

写真44

2008年6月16日

ドレスデン発 空路 帰国の途へ
あっという間の8日間。いつも思います。
参加メンバー全員で8名という少人数だったためか、結束力というか絆は強く、とても親しくなれて自然体で楽しめた旅でした!
関空に着いてからもなかなか帰らず、空港でお茶しました。
そして来年も行こうね!!と2009年の「スペイン」旅行を目標に頑張っています。
このドイツメンバーは、帰国後もみんな仲良く集まって食べ歩きをしています!
スペインが今から楽しみです。

紅茶教室について
、お問い合わせはこちら

Lakshimi携帯サイト

Ronnefeldtとは

その他のコンテンツ