紅茶の豆知識

知っておきたい紅茶の歴史について

紅茶の歴史は中国から始まります。

中国で誕生した紅茶は、イギリス人がこよなく愛したからこそ、世界中に広がりました。
イギリスは、貴重品である紅茶を中国から獲得しようとしたために、アヘン戦争が起こり、また独立戦争の勃発を背景に、インドやスリランカが開拓されました。

インドでは、イギリス人によりアッサム種という新しい茶樹が発見され、現在の紅茶スタイルが確立されていきました。
イギリスでは王侯貴族により紅茶の習慣が誕生し、広く普及していきましたが、紅茶はとても高価なものでした。

貴族や商人が集い、政治や哲学の議論をする社交の場として、当時はコーヒーハウスが流行していました。
イギリスで初めて紅茶を販売したのは『ギャラウェイコーヒーハウス』で、広告に茶の効能を書いて宣伝しましたが、まだ高価だったため広く庶民にまでは広まりませんでした。

その後、小さな食料品店を営むトーマス・リプトン(Lipton)は、輸入業者から直接紅茶を仕入れ、格安での販売に大成功し、庶民にも紅茶が飲めるよう広めました。
「紅茶園から直接ティーポットへ」という名コピーで、その後リプトンは世界の紅茶王となります。

紅茶茶葉のグレードについて

紅茶にはダージリンティーといった産地別の名称のほかに、
グレード(等級)という、葉の大きさを表す名称があります。
ワインや日本酒のように品質をあらわしているのではなく、
グレードに分けられることによって、茶葉の形状を判断し、蒸らし時間の目安が決まります。

茶葉のグレード

SFTGFOP Special FTGFOP:FTGFOPの中でも特例的な最上級品。
FTGFOP Finest TGFOP:ゴールデンチップスの多いTGFOPのさらに上級品。
TGFOP Tippy Golden FOP:金色の新芽、ゴールデンチップスが含まれた上級品。
FOP Flowery Orange Pekoe(フラワリー・オレンジペコ):枝先の貴重な新芽。
OP Orange Pekoe(オレンジペコ):枝先から2番目の小さな葉。
BOP Broken Orange Pekoe:オレンジペコのブロークンタイプ。
CTC Crush, Tear and Curl :短時間で濃く出るように茶葉をつぶし裂いて丸めたタイプ。
F Fanings :粉末状のとても細かな茶葉。
D Dust:製造過程で”ふるい”をかけた時に出る粉を集めたもの。
◎ 1 各グレード名の最後に「1」がつくのは、その農園の同グレードの最上級品。

紅茶教室について
、お問い合わせはこちら

Lakshimi携帯サイト

Ronnefeldtとは

その他のコンテンツ

s